交通事故に遭った際、あとからトラブルに巻き込まれるのを避けるために、弁護士に相談することの大切さを認識する

交通事故で重症を負ったら弁護士に助けを

弁護士に頼る
自動車同士が軽く接触した交通事故であれば、当事者間で冷静に話し合う事で、
円満な和解が果たせます。

対して交通事故被害に一方的に巻き込まれ、重症を負った場合は
必ず弁護士事務所を訪問しましょう。

車に乗るときの保険

そうしなければ重症によって負った怪我や休業による補償が受けられません。
傷害慰謝料の額は、自賠責保険と裁判所が算出する基準の間に開きがあります。https://www.elportalganadero.com/

低めに見積もっても約50万円の開きがあり、自賠責保険の方が低く設定されています。
交通事故の和解を早期に進める加害者側の保険担当者は、この自賠責保険をもとに
慰謝料などを算出します。

交通

そのため、弁護士をたてずに、素人だけで相手との交渉を進めますと、入院や通院に掛かる費用が満足に補償されず、
重症を負ったにも関わらず治療に掛かる費用が最悪自腹になりかねません。

交通事故専門弁護士に相談する事で裁判所の基準に基いて傷害慰謝料、後遺障害慰謝料が請求出来ますので、日帰りの治療では済まない、
通院や入院が伴う怪我や障がいを負った場合は必ずプロのアドバイスを受けましょう。

交通事故時にかかることがある「傷害慰謝料」とは

交通事故により精神的苦痛を味わった場合は、傷害慰謝料を請求できることがあります。
これは入通院慰謝料のことで、治療を必要とする場合に支払われるものです。

事故被害者の通院期間に比例して金額が決定し、当然ながら長期入院となると金額は高額になります。

事故による被害が重症であれば、適切に通院する必要があるでしょう。
症状の割に通院頻度が低いとなれば、たいした症状ではないと判断されてしまう可能性があります。

そうなると慰謝料減額の要因ともなりますので、しっかりと通院することが大切です。

だからと言って必要ない状況で無理に通院するのは好ましくありません。

入通院慰謝料が決定される基準には自賠責基準と任意保険基準、裁判基準があります。
これらの基準によって賠償金が決定されますが、専門家でない人だと
保険会社との交渉時に足元を見られてしまう可能性があります。

適切な賠償金を得るためにも、交通事故相談に強い弁護士に依頼するのが得策です。

それにより当初より高額請求ができる可能性があるので、相談してみる価値はあります。

いずれにしても適切な慰謝料を勝ち取るためには、通院頻度が鍵になってきます。
週に数回は通院するのが好ましく、少なくとも1回以上は通院したいところです。